取得にかかる費用を把握しておこう

取得にかかる費用を把握しておこう

免許を取得するためには高額な費用がかかりますが、一体いくら位かかるのでしょうか。オートマやマニュアルなど種類によってもその費用は違いますが、ここでは具体的な価格も一緒に紹介していきます。

取得方法によっても違う

免許を取得するには「合宿」と「通学」の2つの方法から取得することができます。所定の合宿所で教習を受けて最終日に卒業できる合宿と、自分の都合に合わせて教習所に通い、教習や試験を受ける通学ですが、免許取得にかかる期間が違うため費用も大きく変わってきます。
「合宿」は、教習所の入学金や教習費、検定費や免許交付手数料、そして合宿に必要な宿泊費や食費を入れて大体20万円~25万円が相場だと言われています。一方、「通学」は比較的安いオートマで、教習費や修了検定、仮免許手数料、卒業検定料などで30万円前後。合宿に比べて5万円~6万円ほど高くなっていますが、合宿だと期間が決められていて自分のペースで通うことができないので、働きながら取得することはできません。

「通学」が高い理由

合宿費用や食費がかからないのになぜ、通学の方が費用が高くなってしまうのでしょうか。それはキャンセル費用が大きく関係しています。自分の都合に合わせて通学できるとはいえ、病気など突発的な事態で教習をキャンセルしなければならないこともありますよね。キャンセルが発生するとその分を他の人に充てることになるわけですが、その時間に入れる人がすぐに現れるとは限らないので、どうしても効率が悪くなってしまいます。それに、元々、通学の場合は一回の教習時間が短いため、取得するまで1ヶ月~2ヶ月はかかるといわれていますが、キャンセルするとその分教習期間が長くなり教習費用もかさんでしまうんです。教官のお給料や教習所の維持費もあるので、費用が高くなってしまうのも仕方がないことなのかもしれませんね。

補講や再試験で費用が加算されることも

免許の費用は前払い制で教習所に入学した際に支払います。教習や試験にスムーズに通れば追加費用もかからず卒業することができますが、最初に支払う費用には1回分しか含まれていないので、「学習が追いつかない」「検定試験に落ちて再試験になってしまった」などの場合はその都度、費用が追加されます。たとえば仮免許試験なら、受験料に2,850円、試験車使用料に1,550円、仮免許交付料に1,100円が、修了検定なら5,000円がかかります。一回程度ならそれほど大きな金額ではありませんが、回を重ねると結構な金額になってしまうのでかなりの痛手ですよね…。

教習所を卒業しても費用がかかる

「教習所に通えば免許が取得できる!」と考えているかもしれませんが、卒業しただけではまだ取得できません。卒業資格を持って、所定の免許センターで本免と呼ばれる最終試験を突破しなければ、免許を持つことができないんです。普通免許試験の費用は3,800円ですが、こちらも仮免許試験同様、一回で合格しなければ都度費用がかかりますし、それに加えて数年おきに免許の更新料もかかります。