減少傾向にある車の保有率

減少傾向にある車の保有率

免許の保有率はそれほど変わっていない、といっても「若者の車離れ」が止まったわけではありません。若者の車離れが止まらない理由について見ていきましょう。

免許証は身分証代わり

交通機関が充実している都市部では車を移動手段として利用しなくても目的地まで簡単に行くことができますし、インターネットの普及もありわざわざ現地までいかなくてもネット通販で十分に買い物もできます。なので、「免許はどうしても必要なもの」ではなくなり、「必要なら取得するもの」と認識する人の方が多くなったのが車離れのひとつの原因だと言われています。
今や免許は身分証代わり。若者の中には「車の運転は必要ないけど、身分証が欲しいから取得する」という人もいるほど。
免許のように顔写真と住所、名前が書かれているマイナンバーカードも身分証として使えますが、手書きの部分もあり認知率も低いためそれほど普及しているとは言えません。それに、保険証も身分証明書として使えますが顔写真がないため、場合によっては別の身分証を求められることも…。
でも、免許は普及率や認知率が高くそれだけで事足りるので、最も身分証として効力が高いとして利用している人が多いようですね。

コストがかかる

車はガソリン代や自動車税、車検代などの維持するためにそれなりのコストがかかるので、その分家計を圧迫してしまいます。なので、「それらの維持費を払ってまで車を持つ必要がない」と考えている人も多いです。
確かに、以前は自家用車を持っているのが当たり前でしたが、最近はレンタカーやカーシェアリングが一般的になっているので、「高い費用を払ってまで車を持つ必要がない」と考える人が増えるのも当然かもしれませんね。特に、都市部は車を駐車する土地自体が少なく、駐車場を借りてもかなり高額になってしまうので「必要な時だけ車を借りる」ことを選択する人も多いのでしょう。

経済的な事情

経済的な事情で車を持つことができない人も少なくありません。結構なコストがかかり、車の価格自体も高額なので「そもそも買うことができない」「乗りたくても乗れない」人もいるのです。

「保有」と「利用」は別に考える

「車があれば移動が楽になる」「行きたいところに行ける」と人生を豊かにすることは分かっているので、車が欲しいと思っている若者も少なくありません。でも、車を持つためには免許を取得する費用、車の購入費用、メンテナンスなどの維持費用、と多くのお金がかかってしまうため「車は欲しいけど持てない」というのが車離れの本音ではないでしょうか?事実、車の保有率が減少しているにもかかわらず、レンタカーやカーシェリングのニーズは高まっています。