免許を取得する前に確認したいこと

免許を取得する前に確認したいこと

「車で移動する必要性がない」と若者の車離れが進んでいると言われていますが、その傾向は地方よりも交通機関が充実している都市部の方が顕著です。確かに地方と違って、電車やバスの本数が多いので乗り遅れても大きなロスにはなりませんしね。駐車場代やガソリン代など維持費が高い車よりコストが低い電車を選ぶ気持ちも分かります。ですが、車は時間や天候を気にすることなく自分のペースで動くことができますし一人の時間を持つことができるので、変則シフトでストレスが多い看護師には車通勤の方がおすすめです!

なぜ?若者の車離れ

なぜ?若者の車離れ

「若者の車離れ」ですがなぜそのような事態が起こっているのでしょうか?ここではその原因を詳しくまとめていきます。警察庁交通局免許課がまとめた資料によると、免許を取得するのは10代や20代前半などの若い世代よりも20代後半や30代が多いとされています。ピンポイントに都市部と地方の取得率を比べてみると、都市部が54.1%、地方が66.1%、と地方の方が10%も多くなっていますが、これには交通機関の充実度が大きく関係しています。

詳細はこちら

女性の取得率が低いワケ

女性の取得率が低いワケ

女性の免許の取得率が伸び悩んでいるのは平均賃金の低さや免許の取得費用の高額さが関係しています。少子化の影響もあり、自動車教習所に通う人の数は昔に比べて減少しているため、顧客の獲得競争が激化していますが価格競争が起きているわけではないので、免許の取得費用は据え置き…。依然として高額なままです。そのため、男性よりも平均給与が低い女性は取得費用を捻出するのが難しく、都市部は車での移動の必要性がそれほど高くないこともあり、お金や時間をかけてまで免許を取得する必要はないと考えている人が多いです。

詳細はこちら

減少傾向にある車の保有率

減少傾向にある車の保有率

交通機関が充実している都市部は簡単に目的地まで移動したりネット通販で必要なものを購入したりと車がなくても生活が維持できています。最近はレンタカーやカーシェアリングが一般化してきたこともあり、「ガソリン代や車検代などの維持費を払ってまで車を持つのはちょっと…」「免許は身分証代わり」と考えている人も少なくありません。でも、必要性がないと考えている人がいる一方で「車が欲しい」と考えている人も一定数いて、それはレンタカーやカーシェアリングのニーズの高さから読み解くことができます。

詳細はこちら

取得のメリット!

取得のメリット!

免許は身分証代わりにもなり、車は天候に左右されず時間に追い込まれることもないので自分のペースに合わせて行動することができます。免許を取得するには教習所に通って学科や技能教習を受け、検定試験に合格しなければなりませんが、安全運転のために厳しく指導する教官も多いので。わりときついプレッシャーを感じながら教習を受けることになります…。そういった経験は実生活ではなかなかできないので社会人になったときに役立ちますし、責任感や自立心も培うことができます。

詳細はこちら