ママさんナースも安心できる

ママさんナースも安心できる

日勤や夜勤などシフトによって通勤時間が変わる看護師にとって、車は自分の都合に合わせて行動できるとても便利な通勤手段です。特に、小さな子どもがいるママさんナースは周囲に気遣う必要もなく荷物がたくさんあっても大丈夫な車通勤の方が電車通勤よりも融通が利きやすいのでおすすめですよ。

車通勤はママさんナースにもおすすめ

電車は時間帯によっては満員になって身動きすることも難しくなってしまいますよね。満員電車での通勤は大人一人でも大変ですが、子どもを一緒に連れて通勤するとなるとその大変さは2倍にも3倍にもなってしまいます。たくさんの荷物を抱えて子どもの面倒をみたり、周囲に気を遣ったり…。毎日子どもと一緒に通勤ラッシュを耐えなければならないことを考えるだけでもうんざりしてしまいます。
でも、車通勤であれば子どもが騒ごうがたくさんの荷物を抱えていようが関係ありません!周囲に気遣う必要がないので精神的にもかなり楽になり、余裕もできます。精神的な余裕は仕事に集中するのに欠かせませんし、車内で子どもとの時間を持てるので忙しいママさんナースも親子のコミュニケーションがしっかり取れますよ。

身体への負担が少ない

子どもと一緒に通勤するとなると自分の荷物と子どもの荷物、とたくさんの荷物を持って移動することになります。座席に座れたらある程度余裕ができますが、満員電車の場合、座ることはほとんどできないので大荷物と子どもを抱えながらじっと立っていることになりますよね。立ち続けることで足にも負担がかかりますし、荷物の重みで肩を痛めてしまうこともあります。それに、インフルエンザなど感染力が強い病気が流行する季節は予防のために窮屈なマスクをつけなければなりません。
でも、車通勤なら荷物を持たずにすみますし、ウィルスが空気中に飛び交っていないか心配することもほとんどありません。身体にも負担がかからず楽に移動ができます。

想定外の事態にも強い

ママさんナースには仕事以外にも子どもの送り迎えや買い物などやることがたくさんあります。買い物を抱えたり、保育園で疲れ切った子どもを抱っこしたりしながら電車に乗るのは大変なことですが、車なら荷物はそのまま積んでおけばいいですし、子どもが疲れて眠ってしまっても誰に気兼ねなくそのまま家まで眠らせておくことができます。それに、イレギュラーなお誘いがあっても、交通アクセスを確認しなくてもそのまま現地に迎えるので、あたふたとしてしまうこともありません。