自由度が高い車通勤のメリット!

自由度が高い車通勤のメリット!

バスや電車の本数が多い都市部では交通機関を通勤手段として利用している人も多くいますが、車通勤ほどの快適さはありません。ここでは車通勤と電車通勤を比較しながら車通勤のメリットを紹介していきます。

車通勤のメリットは自由に過ごせること

車通勤のメリットはなんといっても「自由なこと」です。周囲に迷惑がかかるわけではないので飲食をしながら通勤することができますし、電車のように発車時間が決まっているわけではないので時間に追われることもありません。電車の場合、1分遅れてしまえば次の電車を待たなければならないので時間をロスしてしまいますが、車なら就業時間に間に合うように家を出ればいいので1分遅れてもそれほど大きな問題ではありません。数分おきに電車が来るような都市部なら問題はないかもしれませんが、地方ではそれほど本数がないため、一本逃しただけで死活問題になってしまうことも…。それに、電車は発車時間だけでなく始発や終電の時間も決まっているため、その時間に合わせて行動しないといけません。
でも、車なら自分のペースで通勤できるので「買い忘れたものがあるからスーパーに行ってから帰ろう」「時間ができたから映画を見に行こう」「お腹が空いたからコンビニに寄って行こう」と自由に寄り道もできるんです。

リフレッシュできる

同乗者がいない限り、空間には自分一人しかいません。周りに誰もいないので自分の好きなように過ごせます。音楽を聴いてリラックスするのはもちろん、イライラしている日や気分が晴れない日は一人で精神を落ち着かせることもできます。人がいると集中できない、という人にとっても完全に自由な時間が作れる車はいいリフレッシュ空間になるのでストレスもほとんどないはず。
でも、電車には不特定多数の人が乗っているので時間帯によっては満員電車になることも…。
ギューギューに押し込まれる、知らない人が近くにいる、人が多すぎて暑い、など満員電車にはデメリットばかりですし、多くの人が利用しているため痴漢や因縁をつける人など必然的におかしな人が紛れて危害を加えられる可能性もあります。

天候を気にしなくてもいい

台風や暴風雪などのようなひどい天候でない限り、天候を気にしながら運転することはほとんどありません。雨が降っても車内にいれば濡れることもありませんし、電車のように遅延することもありません。それに、駅の中に自宅や職場がない限り、徒歩がつきものですが、人もまばらな時間帯や暗い夜道は危険ですし雨に濡れながら歩くはめになります。